Karigane Honey

24歳社会人2年目♀のブログです。

寝ながらトレードとトラックパッドの相性の悪さがすごい

チャートの読み方を覚えてうきうきの雁ヶ音です。

ここ数日はブログも忘れて狂ったようにBitflyer lightningでチャートを読んでいたのですが、
お布団でごろごろしながらトレードするには、
壊滅的にトラックパッドは駄目な子でした。

何が駄目なの?

ちょっと手が触れただけで線を引き始める

私が操作法わかっていないだけなのかもしれませんが、
チャート画面にて線を引くモードに入ると、
その後も画面を触るだけでクリックした箇所に線を引いてくれたりします。

キャンセル方法がわからない。

結果、チャートを読んでいるのにいらない線がぽこぽこ生まれてきて、
もうなんのこっちゃという感じの画面になります。

f:id:kariness:20170621233350p:plain

↑なあああああそこじゃないんだよなああああああ!?って図

拡大縮小が壊滅的にできない

これは私のChromebookトラックパッドの性能の悪さなのかもしれませんが、
チャートを横移動したいのに、
何故かチャートを拡大し始める。

ついでに拡大されたチャートが縮小できない。

画面に出てるのはかなり太めの1分足、
みたいなわけのわからないチャートになって、
若干キレつつ画面更新をかけることが多々発生しました。

f:id:kariness:20170621233548p:plain

↑スクロールはされてるので最新じゃないやつがクローズアップされる

一秒一秒が戦いなのにクリックが定まらない

「今が買い!!今!!なう!!!!!」という瞬間が発生するのに、
購入ボタンに狙いが定まらない。

ちょっと行き過ぎだり、
ちょっと足りなかったりして非常にもだもだします。

これはトラックパッドを使っている人なら、
それなりにあるあるのストレスだと思うのですが、
「5秒以内にこのボタン押すよ!!!」という状況だとフラストレーションやばいです。

解決策

マウスを買ってくる

馬鹿みたいですがこれが本気で有力です。

ただし、机の上の場合。

私は寝る前もごろごろしながらトレードしたいので、
マウス案は無しです。

iPad miniを使う

これがとても快適でした。

私は現在iPad miniでチャートを監視しつつ、
手元のスマホでネットサーフィンして、
反対の手でポテチ食べつつ、必要なときにコインを売買しています。

iPad miniならシャットダウンとかもいらないので、
寝るぞーと思ったら電源ボタンをぽちっとして枕元に投げられるのも高評価。

狙いを定めたクリックに関しても、
タップで一瞬で触りたいところ触れる。

そしてそもそも持ち歩きに適した端末なので、
家の中ならどこへでも持っていける。

むしろ女子にありがちなちっちゃいカバンにも入るし、
出かけるにも楽々。最高。

f:id:kariness:20170621235421p:plain↑問題ないくらい広々見えます

 

ちなみに、iPhoneでも画面は小さいながら、
スクロールは問題なかったのでまあまあ使えたのですが、
Android端末だとスクロールができなくて、
全く使い物にならなかったのは、私の端末だけなのでしょうか。

今度新しいスマホを買ったら検証してみようと思います。