Karigane Honey

24歳社会人2年目♀のブログです。

コメダ珈琲のWi-Fiはスマホが生きてるときしか使えない

そんな私は無料Wi-Fiを諦め、
24時間500円ちょっとの有料Wi-Fiに繋いでコメダなうです。

コメダの無料Wi-Fiは「スマホ」か「ケータイ」が生きてないと使えない

数年前から、
どんどん大きく重くなっていくスマホが大嫌いで、
持ち歩いている端末が「Wi-Fi頼りのiPod touch」のみの私。

確かコメダWi-Fiスポットがあるぞ!と思ったら…。

私が今いるコメダでは、
無料Wi-Fiに接続するために、

  1. Wi-Fiに繋げたい端末
  2. 電話が受信できる または キャリアメールが送信できる端末

の2つが必要でした。なお、1と2が同じ端末であっても可です。

現在私は2を所持しておりません。

コメダWi-Fiに接続するには、
その他の無料Wi-Fiにもよくあることなのですが、
接続のために認証が必要です。

その認証方法が、
「接続用の電話番号に電話をかけて4桁のパスワードを発行してもらう」
または
「キャリアメールのメールアドレスを登録する」
なんです。

なんてこったい、ちょっとお散歩のつもりだったから、
持ってきたのChromebookiPod touchだけだよちくしょう。

 コメダWi-Fiはこんなときには使えない

そんなわけで、コメダWi-Fiがどんな状況で非推奨になるか考察しました。

スマホが死んでる

世の中の多くの人にとって、
スマートフォンは唯一無二の
「電話での連絡とキャリアメール受信可能な端末」
だと思います。

その状況においてスマホが死んでいると、
Wi-Fiに接続するための認証が通らないので駄目です。

スマホの充電切れちゃった!ここならWi-Fiマークあるぞ!」なんて駆け込むと、
無料Wi-Fiに繋ぐことができないため、ご注意を。

MVNOのデータ通信専用回線しか生きてない

これもニアイコールで「スマホが死んでる」だと思うのですが、
スマホの複数持ちで運用していて、
「音声通話回線」を挿してるメイン端末の充電が死んで、
残りがデータ通信回線挿してるサブ端末だけだ!!となった場合です。

この場合はやっぱりWi-Fiに接続するための認証が通りません。

もしもメイン端末のSIMをサブ端末に移動できれば、
サブ端末で音声通話回線が利用できるのですが、
SIMのサイズが合ってないとどうにもなりませんからね…。

そんな時のためにも、SIMのアダプターは持っておいて損はないかもしれません。

そもそも複数台運用するくらいリテラシー高い人ならやっていそうですが)

 

教訓

早いところMVNOに乗り換えてスマホを持ち歩くこと